トピックス

継続企業の不確実性の注記がなされたペッパーフードサービス

「いきなり!ステーキ」を展開するペッパーフードサービスは2020年3月25日、2019年12月期有価証券報告書について、重要な後発事象が発生したとして「継続企業の前提に関する重要な不確実性が存在する」と注記すると発表した。 コロナ禍により3月の客足が激減し、資金繰りに懸念があるとのこと。

同社10年の企業力総合評価(倒産から遠ざかるという定義における成長曲線)は以下の通り。60ポイント以下で定量的に破綻懸念と言われる。3月のコロナ禍の影響も大きくはあるが、2019年12月の時点で、60ポイント以下となっている。

2017年5月も同社のコラムを書いています。その中で急成長の中の悪化の兆しに言及し、対策を提案しています。

コラム