資金繰り

減収下での売上高利益率をいかに維持するか ノエビア 

今回は、ノエビア株式会社を取り上げました。ノエビア?は、1964年会長の大倉昊氏が貿易業を創業されたことに始まります。1978年ノエビア化粧品の製造・販売を開始し、今では、食品事業、医療品事業、ボディファッションやアパレル、航空関連事業をされています。事業選択で「勝ち馬に乗ることに長けた会社かも」が私の最初の印象です。

それでは分析を見てみましょう。

企業力総合評価は162.79→163.81→166.13→165.29→163.81と160ポイント台を安定しています。

下位親指標を見ると、安全性(長期資金繰り指標)が改善しており、営業効率(儲けの指標)、資本効率(資本の利用度指標)、生産効率(人の利用度)の下落を相殺しています。

2008年の安全性の急改善は60億円の増資(払込資本は75%増加)によるものです。リーマン・ショック前に増資し、借入金を減少させているところなど、福の神様でもついているのでしょうか。

資産効率(資産の利用度)はドップリと赤信号領域、流動性(短期資金繰り指標)は天井値と定位置です。

営業効率の各下位指標を見てみましょう。

売上高は4年間で11.4%、67億6436万円減少しています。女性の化粧品にかけるお金が30%ほど減ったとテレビのニュースでやっていました。デフレ、価格競争、リーマン・ショックと外部環境が厳しい中、全社の営業利益率の下落は1.21%で踏みとどまっています

セグメント別の売上高、営業利益率、従業者数のグラフを見てください。

ノエビア?の主力セグメントは化粧品事業であり、営業利益率も高く、従業者数もダントツ多いですね。

食品事業は2010年営業利益率が悪化しましたが、改善トレンドになってきました。ノエビア?の2本目の柱となるでしょう。利益率改善のテコ入れをしてくるでしょう。

それに対し、医薬品事業は苦戦しています。営業損失を4期連続出しています。食品事業と同じくらいの従業者数です。医薬品事業は、常盤薬品工業?他3社で行っていますが、内2社は持分法非適用関連会社ですので、上記数字には反映されていません。財務体質が良いノエビア?のこと、M&Aの買いか売りをする可能性があります。つまり、医薬品事業を売却するか、他社の医薬品事業を購入することによって、業績回復を図る可能性があります。

まとめ 

財務体質が良く、高い収益性のノエビア?はどんな手を打ってくるのでしょうか。ノエビア?の苦悩を示すようなNEWSになりましたが、今後の展開を注視したいと思いました。

SPLENDID21NEWS第66号【2011年5月15日発行】をA3用紙でご覧になりたい方は下記をクリックしてください。

sp21news066